キャリアパス

CAREER PATH

MATSUIでは、適正や志向によってスペシャリスト、または管理職を目指すことができます。

キャリアパスの一例(機械設計職の場合)

1年目~

「現場、現物、現実」をしっかり頭に叩き込み、基本となる設計知識(生産工程や設計プロセス、図面の書き方など)を習得。

5年目~

単品機器を中心に設計を担いつつ、後輩指導も実施。
また、現地試運転等を一人で行い、様々な業務(トラブル処理方法、海外規格知識取得など)を経験し自身の強みを形成。

10年目~

難易度の高い仕事(大型システム案件)にチャレンジ。また、経験と強みを活かし中核的な存在として活躍。

15年目~

幅広い領域でスキルや経験を積むジェネラリストか、もしくは専門性を極めるスペシャリストへ進む。

キャリアパスの一例(海外勤務営業職の場合)

1年目~

日本においてサービス部門で修理・メンテナンス業務を中心に、自社製品と業界に関する基本的な知識・スキルを習得。
また、営業部門では顧客訪問方法や見積書・仕様書の作成方法等をはじめ、海外で一人で活躍できるよう様々な知識と経験を積む。

3年目~

海外研修に挑戦。先輩社員に同行し、現地での営業及び修理・メンテナンス業務を実施。
日本とは異なる商習慣の中、ビジネスのスピード感を肌で感じながら、自身に不足している知識やスキルを習得。

4年目~

海外研修2年目に突入。自分の担当顧客を持ち、日本及び各国の社員と連携を取りながら業務を推進。
飛躍的に成長し、リーダー的存在として成長。

5年目~

2年間の海外研修を終え、基本的には日本へ戻るが、そのまま海外駐在員として残るケースも。
海外に残留した場合は、正式に現地法人の駐在員として担当地域を駆け巡り、グローバルなビジネスパーソンとして成長。

ページトップ

© MATSUI MFG. CO., LTD.